So-net無料ブログ作成
話題のテレビ番組 ブログトップ

清塚信也の嫁・乙黒えりと子供たち、ピアニスト有望ハーフ顔? [話題のテレビ番組]

“クラシック界の貴公子”として注目を集めるピアニストの清塚信也(きよづかしんや)さんが、今夜「情熱大陸」に出演。『さよならドビュッシー』では、ピアニスト役を務め、『コウノドリ』や『逃げ恥』では医者役としても知られる。そんな彼の妻は、乙黒 えり(おとぐろ えり)さん。タイ、英国、日本のハーフで、子供は長女4歳と次女2歳、やはり子供たちの将来有望なピアニスト?

スポンサーリンク






“クラシック界の貴公子”として注目を集めるピアニストの清塚信也(きよづかしんや)さんが、今夜「情熱大陸」に出演される。




清塚信也のプロフィールと実力



では、まず清塚信也さんの演奏をお聴きいただきましょう。
TBS系 金曜ドラマ『コウノドリ』メイン・テーマ


なんだか、生チョコのようにとろける演奏・・・
見入っちゃいますね。

スクリーンショット 2017-10-01 14.15.47.png
◆清塚 信也(きよづか しんや)さんは、1982年11月13日東京都生まれの34歳。日本人の父、韓国人の母をもつ日韓ハーフで5歳でピアノを始め1996年、第50回全日本学生音楽コンクールの全国大会に出場し、中学校の部で日本一に輝く。18歳で、若きプアニストが集まる国際コンクールで優勝。これまでに8枚のCDを発表、年間120本のコンサートを開催。

その実力は折り紙付き。

1998年、初コンサートで、東京交響楽団と共演。
2000年、第1回ショパン国際コンクールin ASIAで1位となる。
2001年、桐朋学園大学付属ソリストディプロマコースに入学。
2004年、第1回イタリアピアノコンコルソ金賞。
2005年、日本ショパン協会主催ショパンピアノコンクール第1位。
2006年、ザイラー国際ピアノコンクールで3位。

(参考・引用元:ウィキペディア

また、テレビやドラマにも多数出演しバラエティにも長けている。

清塚信也はバラエティでも才能開花!『コウノドリ』や『逃げ恥』にも出演!



『のだめカンタービレ』で、千秋真一の吹き替えを担当。映画『さよならドビュッシー』で岬洋介を演じ俳優デビュー。他、『コウノドリ』や『逃げ恥』では医者役としても知られる。




バラエティに出演される様子を見る限り、イケメンとギャップのある”ひょうきん”な性格の持ち主。
「クラシックはもっとポピュラーであるべき!一部の専門家のためにあるべきではない!」

という信念のもと、クラシックを独自にアレンジした演奏で観衆を楽しませたり、クラシックを身近に感じてもらいたいと日夜努力を続けている。



そんな彼の現在の妻は、女優の乙黒えりさん。
二人は、2010年に知人の紹介で出会い、乙黒えりさんが、子供の頃にピアノを習うなど音楽好きだったことから意気投合し、交際に発展。2012年4月1日付で入籍。現在、二人の間には子供が二人いる。

清塚信也の嫁・乙黒えりと子供たち、ピアニスト有望ハーフ顔?


スクリーンショット 2017-10-01 22.49.16.png
(出典元:http://www.cast-may.com/contents/cast_11.php

◆清塚信也の嫁・乙黒えりさんとは、1982年10月12日タイ生まれ、神奈川県横浜市育ちの34歳。タイ、英国、日本の混血として知られる。最終学歴は、青山学院大学文学部心理学科卒業。横浜雙葉学園(よこはまふたばがくえん)はカトリック系の女子校。在学中にスカウトされ、2001年、テレビ朝日のオーディション番組で4,000人の中から選ばれ1ヶ月の香港生活を送り、香港映画『ザ・スチュワーデス』でデビュー。

2012年にピアニストの清塚信也さんと結婚し、2012年6月4日に第1子妊娠を発表。2014年11月8日に第2子妊娠を発表。現在、長女4歳と次女2歳。

今日は快晴?!! #いい天気 #でも明日から台風かもですね #みなさんも気をつけてください #夏休み

elly otoguroさん(@ellyotoguro)がシェアした投稿 -







スポンサーリンク


















乙黒えりさんのインスタグラムでは、子供たちとの私生活が刻々と描かれている。
それは、当時5歳だった清塚信也少年がピアノの練習に明け暮れていた子供時代とは打って変わって、
どちらかというと、”自由奔放に””アクティブに”毎日を過ごしているような印象。

しかし、子供たち二人は、日本人の父、韓国人の母をもつ日韓ハーフの父親・清塚信也さんとタイ、英国、日本の混血である母親・乙黒えりさんの子供だけあって、やはりハーフに近いようなお顔立ち。





頑張れー!!#清塚家次女

elly otoguroさん(@ellyotoguro)がシェアした投稿 -




母親がモデルともなれば、着せる服もセンスがおあり。
将来はピアニストではなく、モデルかな?

スポンサーリンク







コメント(0) 
共通テーマ:芸能

清塚信也はピアニストの経歴詐称か、実力は中村紘子の師事は嘘? [話題のテレビ番組]

“クラシック界の貴公子”として注目を集めるピアニストの清塚信也(きよづかしんや)さんが、今夜「情熱大陸」に出演。『さよならドビュッシー』では、ピアニスト役を務め、『コウノドリ』や『逃げ恥』では医者役としても知られる。しかし、そんな彼に経歴詐称の珍事が、師匠の中村紘子さんに師事が嘘で、本当は数回ならっただけ。金銭トラブルも?


スポンサーリンク






“クラシック界の貴公子”として注目を集めるピアニストの清塚信也(きよづかしんや)さんが、今夜「情熱大陸」に出演。





清塚信也のプロフィールと実力



では、まず清塚信也さんの演奏をお聴きいただきましょう。
TBS系 金曜ドラマ『コウノドリ』メイン・テーマ


なんだか、生チョコのようにとろける演奏・・・
見入っちゃいますね。

スクリーンショット 2017-10-01 14.15.47.png
◆清塚 信也(きよづか しんや)さんは、1982年11月13日東京都生まれの34歳。日本人の父、韓国人の母をもつ日韓ハーフで5歳でピアノを始め1996年、第50回全日本学生音楽コンクールの全国大会に出場し、中学校の部で日本一に輝く。18歳で、若きプアニストが集まる国際コンクールで優勝。これまでに8枚のCDを発表、年間120本のコンサートを開催。

その実力は折り紙付き。

1998年、初コンサートで、東京交響楽団と共演。
2000年、第1回ショパン国際コンクールin ASIAで1位となる。
2001年、桐朋学園大学付属ソリストディプロマコースに入学。
2004年、第1回イタリアピアノコンコルソ金賞。
2005年、日本ショパン協会主催ショパンピアノコンクール第1位。
2006年、ザイラー国際ピアノコンクールで3位。

(参考・引用元:ウィキペディア

また、テレビやドラマにも多数出演しバラエティにも長けている。
『のだめカンタービレ』で、千秋真一の吹き替えを担当。映画『さよならドビュッシー』で岬洋介を演じ俳優デビュー。他、『コウノドリ』や『逃げ恥』では医者役としても知られる。




なかなか多彩な彼ですが、
そんな彼に経歴詐称の珍事が、師匠の中村紘子さんに師事が嘘で、本当は数回ならっただけ。金銭トラブルも?

スポンサーリンク





清塚信也はピアニストの経歴詐称か、実力は中村紘子の師事は嘘?



これは、2008年の7月24日「週刊新潮」によって報じられた内容で、
中村紘子さんに師事を受けたとある経歴は、嘘ということが中村紘子本人から否定されているとか。
今日放送の情熱大陸では、清塚信也さんと中村紘子さん二人の関係について描かれているとのこと。

◆中村紘子さん、本名・福田紘子(ふくだひろこ)さんは、山梨県生まれ、東京・世田谷育ち。桐朋学園「子供のための音楽教室」で幼児期から学び、慶応義塾中等部在学中の昭和34年に日本音楽コンクールで史上最年少で第1位特賞を受賞し、翌35年にはNHK交響楽団初の演奏旅行のソリストに起用された。その後、米ニューヨークのジュリアード音楽院に留学。1965年の第7回ショパン国際ピアノコンクールで4位に入賞。さらに、世界各国のピアノコンクールの審査員も歴任した世界的ピアニスト
として知られている。
(引用・参考元:https://www.youtube.com/watch?v=rjdUnkRBQUg#action=share

なお、彼女は2016年7月26日に、72歳で大腸がんのため死去している。



また、モスクワ音楽院留学時代に名教師セルゲイ・ドレンスキーに師事していたというのも嘘。
他にも金銭トラブルが伝えられ、実は詐称では?ってことになっている。
しかし、ピアニストの中ではよくあることらしい。

しかし、清塚信也さんにとって、クラシック音楽とは「クラシックはもっとポピュラーであるべき!一部の専門家のためにあるべきではない!」 という軸の元にある。クラシックを独自にアレンジした演奏で観衆を楽しませる姿は、まさに異端児の名にふさわしいのだろう。


スポンサーリンク






コメント(0) 
共通テーマ:芸能

浅香光代の子供の父親・大物政治家S氏は「川島正次郎」か [話題のテレビ番組]

9月29日(金)よる8時57分~女優の浅香光代(あさか みつよ)が隠し子騒動について、隠し子である息子2人(北岡昭次さん現在59歳は現在会社の執行役員をされている)と新たな因縁勃発か。子供の父親、つまり浅香光代の夫は大物政治家の重宗雄三ではなく、「川島正次郎」か。「政界では欲を出さずに、ナンバー2でいるのが大切だ」と自負し、首相ではなく、自民党のナンバー2に君臨した大物政治家S氏とは?

スポンサーリンク






浅香光代の隠し子騒動とは?


スクリーンショット 2017-09-26 1.39.44.png
(出典元:コトバンク

芸名:浅香光代(あさか みつよ)
本名:北岡昭子(きたおか しょうこ)
生年月日:1928年2月20日
年齢:89歳
出身:東京府東京市神田区
血液型:B型
配偶者:世志凡太(事実婚)

浅香光代には、必ずと言っていいほど「隠し子騒動」がついて回ります。これは、2014年1月22日発売の『婦人公論』(2月7日号)にて、隠し子の存在が明らかとなり、世間を賑わせた騒動です。

実は、現在の夫:世志凡太さんは6番目の夫。
「人間扱いされていない」と言う世志凡太さん。
自宅では、30畳もある部屋の中、わずか2畳しか自由に使えるスペースはなく、
また、ベッドは折りたたみ式。1つ上の階に住む浅香光代と話すにはわざわざ電話をする。
事実婚と言うより、家庭内別居。

そして、浅香光代の息子:北岡昭次さん現在59歳は現在会社の執行役員をされている。

スクリーンショット 2017-09-26 1.39.52.png
(出典元:ユーチューブ

小さい時から、高校生になるまで、母親の浅香光代とは一緒に暮らしたことはない。
兄弟二人、人目を避けて生活をしてきた。「隠し子」であり続けるためには、「お母さん」と呼んではいけない、あくまで「先生」と呼び、今もそうしているワケあり親子なのだ。父親については訪ねたことはないという。息子が物心がついた頃にようやく父親について浅香光代が語った内容は「お前たちの父親は、飛行機に乗って死んだ」と言う残酷な告白。

もちろん、これは嘘だが、これまで秘密が多かった子供の父親について最近ようやく大物政治家S氏であることや、S氏にまつわる情報が。


浅香光代の子供の父親・大物政治家S氏にまつわる噂と条件


S氏にまつわる情報をまとめると下記の通り。

◆『婦人公論』(2月7日号)にて、
・浅香光代の子供の父親は、大物政治家Sである事

◆『週刊新潮』(10月1日号)にて、
・「(大物政治家Sについて)あだ名が剃刀(かみそり)とか、道中師というものすごいものです。政界の斬れものと言われる一方、政敵側からすれば、舌先3寸で相手を丸め込んでしまう道中師に見えたのでしょう。」
→あだ名は、剃刀、道中師である事
・東京の下町、人形町のおじさんの家へ養子としてもらわれたそうです。
→出身地は、東京日本橋人形町である事

◆『週刊文春』(1月30日号)にて、
Sとは、「酒井」か「正二郎」か本人を直撃すると、「酒井さんというのはね、仮名ですよ。」「川島正二郎先生には可愛がってもらったけど決して男女の仲じゃない」
→川島正二郎の可能性が浮上

◆「総理になれなかった男たちー逆説的指導者論」にて、
・「縁あって母親の弟の家に養子に入った、東京日本橋人形町のべっこうやである」
→養子として入ったのは、東京日本橋人形町のべっこうや
・「陽気な寝業師、カミソリ〇〇、トボけの〇〇、ホトケの〇〇、悪の〇〇、ひまわり、まとめ役、コンピュータ、策士、道中師、ズル○、小判鮫等々、ニックネームのつかない政治家はまず大物になれない政界だから、まさに大物と言っていい」
→→あだ名は、剃刀、道中師である事の裏付け
(参考元:http://episode.kingendaikeizu.net/54.htm



◆また、浅香光代本人の口から
・「“S”は名字ではなく、下の名前の“S”で、長く自民党のナンバー2に君臨していたかたです」
・「吉田内閣で閣僚となり、“剃刀”の異名をとった人物」
・「当時19才の浅香が出会ったS氏は、50才近くの大物政治家」
である事が明らかになっている。
(参考元:NEWSポストセブン

この条件にピタリとはまる人物がいた。
「重宗雄三」ではなく、「川島正次郎」か。




浅香光代の子供の父親・大物政治家S氏は「川島正次郎」か


川島正次郎(かわしましょうじろう)とは、1890年7月10日千葉県東葛飾郡行徳町に生まれた自民党所属の政治家である。

スクリーンショット 2017-09-26 1.40.03.png
(出典元:ウィキペディア

出生後すぐに母が死に、日本橋で鼈甲屋を営む川島才次郎の養子へ入って、川島姓を受けた。1928年(昭和3年)の総選挙で衆議院議員に初当選・立憲政友会に属す。その時、政友会の先輩から、「政界では欲を出さずに、ナンバー2でいるのが大切だ」とアドバイスされたことを契機に、以後ナンバー2の座を目指すようになる。

岸内閣の下で自民党幹事長、佐藤政権でも自民党副総裁に。
池田内閣では1964年東京オリンピック担当大臣としてオリンピック事業整備を進めた。
1968年(昭和43年)にアメリカに沖縄返還を決定させたのは、川島正次郎だった。

持病である気管支喘息の発作により80歳で急逝するまで、日本の高度成長期をナンバー2の地位で発展させた男は、浅香光代の夫、子供の父親と言えるだろうか。

スポンサーリンク




コメント(0) 
共通テーマ:芸能
話題のテレビ番組 ブログトップ