So-net無料ブログ作成
前の1件 | -

在間亮平(松山市車暴走事故・運転手の犯人)逮捕!母親と無理心中か [話題のニュース]

13日午後2時前、松山市鴨川2丁目の国道で、【職業】今治市立花町の会社員で運転手で【実名】在間亮平(ざいまりょうへい)容疑者の運転する車が故を繰り返しながら中心部の商店街などをカーチェイスのごとく、40分余りにわたって暴走し、自転車に乗っていた60代の女性をケガさせるなどして道路交通法違反の疑いで男を逮捕しました。在間亮平容疑者は、後部座席に母親とみられる高齢の女性を乗せ、犯行動機についてはストレスなどから自暴自棄になって犯行に及んだと容疑を認めています。ネット上では、ドラッグでは?との意見もありますが、実際のところはどうなんでしょうか。

スポンサーリンク




 

松山市車暴走!40分間で5件の物損事故を起こし、ようやくお縄!



松山市の市街地で、1台の車が暴走。



タイヤはパンクしているが、男は窓を開けたまま平然と逃走を続けます。
スクリーンショット 2017-11-13 22.34.09.png

それだけでは、ありません。

男は、松山市の市街地(アーケード街を含む)を何度も逆走しては、信号無視を繰り返し・・・
スクリーンショット 2017-11-13 22.39.09.png

さらには、伊予鉄道の松山市駅近くで自転車に乗っていた60代の女性をはね、軽いけがを負わせ、

スクリーンショット 2017-11-13 22.35.55.png
その他にも合わせて5件の物損事故を起こし・・・

40分ほど暴走したあと松山市大手町の路面電車の軌道上で動けなくなり・・・

その後、一般市民の運転する車に乗り込もうとするところを警察官に身柄確保され、

40分間のカーチェイスの後、ようやくお縄となりました。

逮捕されたのは、在間亮平容疑者です。

スクリーンショット 2017-11-13 22.37.00.png
(参考元:日テレニュース)

在間亮平の顔画像や会社名は?松山市車暴走で犯人逮捕!



▼運転していたのは、今治市立花町の会社員・在間亮平(ざいまりょうへい)容疑者、年齢41歳です。

スクリーンショット 2017-11-13 22.38.08.png

スポンサーリンク








・本名:在間亮平(ざいまりょうへい)
・年齢:41歳
・職業:今治市立花町の会社員

在間亮平の犯行動機は”ストレスか”「しかし、なぜ母親を後部座席に?」



・犯行動機:警察の調べによれば、「ストレスから自暴自棄になりむちゃな運転をした」などと供述しているということで、容疑は認めているものの、そうなった経緯など今後調査を進めることにしています。


・また、なぜか在間亮平容疑者は、後部座席に母親とみられる女性を乗せていたこともわかっています。

母親を危険な目に合わせて、一体何をしでかそうとしていたのでしょうか。

車暴走事故へのネット上の反応



このニュースの扱い小さすぎない??
普通に大事件だと思うのだけどなぁ。
後ろに母親が乗っていたそうで。
死人が出てもおかしくない暴走っぷり。

自分の母親を後部座席に乗せて、暴走を繰り返して、横断歩道で女性が乗った自転車をはねて、TVカメラにピースサインしたり、アーケードの中を爆走して歩行者をひきそうになったり、県庁の入り口を走って看板を崩したり、まさに映画の撮影のようだった。
もっと警察は、被害が広がる前に体当たりしてでも止めないのか?
ただサイレンを鳴らして追いかけるばかりだった。

もっと他の国のように暴走運転や逃走は何年もの懲役や禁固刑がくるくらいの厳罰にしないと暴走族や悪質運転は無くならない。パトカーがぶつけてでも止めるくらいのの事ができるようハードルを下げる法整備が必要。
都道府県の公安委員会が交付する運転免許証を公安委員会が暴力団へ交付していることも疑問

あんな暴走車を、その後一時間も好き放題走らせるとは思わなかったので、逮捕に時間がかかったことに驚きました。
パトカーは後ろをついて走るだけ
白バイも対向車を止めておくだけ
ここはのどかな田舎町のため、警察もこんな事件が起こるとは想定してなかったのかもしれませんが、パトカー当てて止めたりしないんですね。
車が壊れてとまるまで、やりたい放題の暴走劇でした。

(引用元:NNN

一般の意見をまとめると

・警察はパトカーで体当たりしてでも、暴走を止めるべき
・暴走運転などの罪に対して、もっと厳格な刑を法整備すべき
・こういう犯人に運転免許証を渡すな

と、警察や公安委員会への意見が多く、また、犯人に対しては理解しがたいとする声も。

違法ドラッグや、責任能力に問題があるのではないか?など非難は絶えません。

個人的に、なぜ母親を同乗させていたのか、気になります。

母親を危険な目に合わせてもいい=無理心中の可能性があるのでは?

考えれば、考えるほど、不思議な事件でした。


スポンサーリンク





コメント(0) 
共通テーマ:テレビ
前の1件 | -